? ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリー


特有成分・デセン酸について

デセン酸には様々なよい働きがあることは注目されていますが、まだ全てが明らかになっているわけではありません。
今のところ、以下のような効果があるといわれています。

●血糖に対抗する
●皮脂の分泌をコントロールする
●コレステロールに対抗する
●女性ホルモンに似た働き

デセン酸は不飽和脂肪酸の一種で、正確には「10-ハイドロキシ-δ2-デセン酸」と、かなり長い名前です。
インスリンとよく似た作用があり、体内の糖代謝を正常にする働きがあることがすでに知られています。デセン酸は自然界ではローヤルゼリーにしか含まれない成分で生活習慣や美容に期待される機能物質です。
体内でデセン酸がエストロゲン受容体と結合することによって、作用すると考えられています。そうすることで、更年期障害や自律神経失調症、骨粗しょう症の改善や肌荒れの改善にも効果を発揮します。また抗ガン作用、血圧正常化作用、抗菌作用などの作用があるため、プロポリスと同様にローヤルゼリーは「天然の抗生物質」とよばれています。
皮脂をコントロールする働きもあるため、大手メーカーの化粧品にも使われていることもあります。

デセン酸は更年期の方に嬉しい成分と言われておりますが、これは更年期の方に不足しがちな女性ホルモンに似た働きをするためかも知れません。
これらをまとめると、ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸は、「若々しく健康的な毎日をサポートすると共に、更年期の悩みを和らげたりするのに活躍する成分」であるといえます。

ローヤルゼリーにしか含まれない成分のため、デセン酸の含有率によってローヤルゼリーの原価は決まります。ちなみに、デセン酸の含有量が多いほど、ローヤルゼリーを口に含んだとき、ピリッとします。
社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会で決められた基準値は、100g中の含有量が生ローヤルゼリー:1.60%、乾燥ローヤルゼリー:3.85%、調整ローヤルゼリー:0.21%を最低としています。

こちらの、ローヤルゼリーとの違いや、プロポリス原液の成分や味・アレルギー、値段について説明されているサイトも、わかりやすいので、ぜひご覧ください。



また、当サイトのほかにも、こちらのローヤルゼリーの比較ランキングサイトもおすすめです。