? ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリー


副作用・注意点

副作用と言うのは、「ある作用を期待して作った薬が、病気を治す代わりに、体に違う障害を引き起こしてしまう」ことを意味します。
つまり薬ではないローヤルゼリーには、副作用自体が存在しないということになります。
ただし、これは言葉のあやであり、ローヤルゼリーには「アレルギーが出やすい」という事実があります。
アトピーや喘息のような強いアレルギーをお持ちの方が摂取すると、アレルギーを引き起こすことがあるようです。
ローヤルゼリーには豊富な栄養素が含まれていますが、これは天然の様々な花粉や蜜などから出来ているからです。働き蜂が数多くの花粉や蜜を集める結果、数多くの植物の成分が含まれていることになります。当然アレルギーが出る可能性は高くなります。
ローヤルゼリーを摂りすぎることはアレルギーのリスクが上がります。

アレルギーが起こるのは、ローヤルゼリーに限ったことでは限らず、全ての食べ物に起こりうります。
アレルギー反応とは、「本来体にとって有毒で無いものを、有毒であるとみなす」反応です。本来であれば小麦(例えばパン)や卵は普通に食べているものであり、有毒なものではありません。
しかし、小麦アレルギー、卵アレルギーを持つ方にとっては有毒なものとみなされ、過激に反応をしてしまうということです。その結果、熱が出たり、湿疹が出たりするわけです。

アトピーや喘息をお持ちの方は、過敏反応を起こしやすいですので、アレルギー反応を引き起こす可能性が高いと考えられます。
ですから、ご利用される前にお医者様に相談されることをおすすめします。
そして摂取する際にはまずは少量から摂取してみて、異常が起こらないようであれば、少しずつ量を増やしてみるのがよいでしょう。
食品は何でもそうですが、初めて口にするものには注意が必要です。
そしてアレルギー反応が起こった場合には、それ以上食べるのをやめ、できるだけ早く病院に行き、医師の判断を仰いで下さい。
また、血栓症など血管の病気でワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)を服用している場合は、ローヤルゼリーの併用でワルファリンカリウムの働きを強める副作用、出血したときになかなか血が止まらなくなることがあります。
ローヤルゼリーをワルファリンカリウムと併用する時は、副作用について、事前に医師に相談しておくことを、おすすめします。

こちらのローヤルゼリーの比較ランキングサイトでは、海外と日本のローヤルゼリーの比較などをしています。
参考になりますので、ぜひ、ご覧ください。

こちらのサイトではほかの健康食品の成分と副作用について解説されたページもあります。