? ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリー


効果的な飲み方

ローヤルゼリー商品を選択する時には、どの形状を選ぶかというポイントもあります。
生ローヤルゼリーは採取したばかりのローヤルゼリーをそのまま食べられるので、新鮮な栄養成分を摂取しやすいという特徴がありますが、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーと比較するとハチミツや乳糖などの添加物を加えて錠剤やカプセル状に加工した調整ローヤルゼリーを一番飲みやすいとする意見が少なくありません。
生のローヤルゼリーには独特の苦味や発酵したような酸味、クリーミーな舌触り、ピリリとした刺激などがありますから、慣れるまでは苦労したとか何度食べても慣れないという人が多いのです。
加工した商品を選択する場合には、やはりローヤルゼリーの含有量に注意しておかないと、せっかく購入して毎日飲んでいるのに何の効果も感じられないといった事態になりかねません。毎日飲み続けることで効果が上がる健康食品ですから、飲みやすいものを選ぶのが無難です。

1.生ローヤルゼリー
通常は商品に小さなスプーンが付いていますので、1回に1?2g、1日に1?2回程度、お召し上がり下さい(金属製スプーンは酸化してしまうので、使わないで下さい)。 ローヤルゼリーは活性であるため舌下から吸収されやすく、また、「すぐに吸収する」という性質から、できるだけ空腹時に飲むのが効果的です。どうしてもそのまま飲むのは無理という時は、5?10倍量のはちみつに混ぜて食べる方法をおすすめします。

2.乾燥ローヤルゼリー
採れたての新鮮なローヤルゼリーをフリーズドライ製法で成分を壊すことなく、新鮮さを保ったままにしています。
カプセルタイプのものは瓶や箱に書いてある容量通りに。粉末タイプは1日に500?1000mg(ティースプーン1/8-1/2程度)の量を、(1)そのまま(2)冷たいドリンク(3)ヨーグルト・アイスクリームなど 以上どれかでとります。
高温に弱く、加熱すると有用成分が失われてしまうため、ホットドリンクに混ぜるのは避けましょう。調理する場合は、「ぬるま湯以下」の温度がおすすめです。

3.調整ローヤルゼリー
サプリメントとして出ているローヤルゼリーは、大体この種類になります。
サプリメントを摂取される際は、1日の中で満遍なく摂取ようにして下さい。
例えば朝食後に2粒、夕食後に2粒などと言うように分けて摂取するのがおすすめです。
また食後の方が食事と一緒に吸収されますので、食前よりも望ましいといわれています。
そして、何より重要なのは「継続できる習慣を身につける」ということです。忘れずに飲むために、
(1)飲む時間をしっかりと決めておく
(2)目に止まりやすい場所においておく
などの工夫をするとよいでしょう。


そんなローヤルゼリーのデメリットについてはこちらをご覧ください。


他にも青汁も一緒に飲むとさらに健康に良いです。青汁については、例えば、青汁比較ランキングのサイトや、青汁のサイトなどが分かりやすいので、興味のある方は調べて下さい。

ローヤルゼリー以外にもほかの健康食品の成分と副作用について解説されたページもあります。ご覧ください。